Menu

たくさんの人の言葉を紡ぐメディア 文賢マガジン

語彙力がない人でも表現が豊かになる!文賢の「文章表現」機能は語彙の宝庫

2022/10/28 文賢マガジン編集部 語彙力がない人でも表現が豊かになる!文賢の「文章表現」機能は語彙の宝庫

この文章は文章作成アドバイスツール「文賢」で
チェックし、作成しました。

文賢マガジン編集部の森です。

あなたの周りに、執筆をサポートしてくれる人はいますか。
文章を書く多くの人が、以下のように悩みながら、ひとりで「書く作業」に向き合っているのではないでしょうか。

「書いた文章を見てくれる人はいるけれど、表現方法のコツを教えてくれる人はいない・・・」
「誤字脱字のチェックは校正ツールでできるけれど、適切な言葉選びができているか自信がない・・・」

前回の記事「語彙力を鍛えれば文章はもっと伝わる!語彙を豊かにする3つのコツ」で、読み手に伝わる文章を書くためには、感情や状況にあった適切な言葉選び、つまり「語彙力」が重要であることをお伝えしました。

しかし、語彙力は一朝一夕に身につくものではありません。
語彙力を鍛えるには、日常の体験を言語化し、その体験にまつわる言葉をストックして「言葉の引き出し」を充実させる必要があります。
そしてそれは、ある程度の時間が必要なのです。

そこでオススメしたいのが、文章作成アドバイスツール「文賢」。

画像をクリックすると、別タブで拡大表示されます

「文賢」の特長は、書いた文章を校閲・推敲するだけでなく、文章を書く過程を支援するツールであること。
とくに「文章表現」機能は、文章を書く過程で悩みがちな表現や言い回しの提案に特化しています。

今回の記事では、ありきたりな表現が多用されたメリハリのない文章が「文賢」を使うとどのように生まれ変わるのか、リライトの過程を詳しく紹介します!

文賢の「文章表現」機能には、日々言葉に向き合う文賢チームが練り上げた、4,000を超える豊富なフレーズ(言い回し)を収録。
あなたの書いた文章をもとに、シーンや感情にあったさまざまなフレーズを提案します。

文賢に収録されているフレーズを活用すれば、語彙力に自信のない人でも、以下のように表現を磨き上げることができます。

【文賢のフレーズを活用したリライト例】

「そのイラスト、美しいね!」
→「そのイラスト、写真と見間違えるほど繊細な色づかいだね!」

「この前見た映画、おもしろかったよ」
→「この前見た映画、足の先までしびれそうなほど感動したよ!」

「このケーキ、美味しいよ!」
→「このケーキ、ほんのり甘くて後味がふわりと広がるよ!」

さまざまな感情やシーンにあったフレーズを効率よく探せるよう、文賢では、3つの「カテゴリ」と、人の感情や行動に関する「タグ」を用意しています。

たとえば、「うれしい・喜ぶ・満足・感動」というタグには、以下のようなフレーズを収録しています。

【類語・言い換え】
晴れ晴れとした顔つき/表情を崩す/満足感を噛みしめる/幸福感に浸る/喜びを噛みしめる/喜びに身体が包まれる/喜びに心を揺さぶられる/目頭が熱くなる/胸が弾む/歩幅が大きくなる/朗らかな気分/景色が違って見える/心が浮き立つ/上機嫌で口笛を吹く/多幸感に包まれる/すがすがしい気分/ご満悦/夢心地/気持ちが軽くなる/舞い上がる/宙に浮いている気分/ほくほく顔

【慣用句・ことわざ】
心を躍らせる/天にも昇る心地/悦に入る/心が弾む/目を細める/盆と正月が一緒に来たよう/心が洗われる/冥利に尽きる/得意満面/意気揚々/感慨無量/狂喜乱舞

【たとえ・あるある】

  • 話題のスマホを無事に予約できたときのようなワクワク感
  • 秘蔵のワインの栓を抜いたときのようなワクワク感
  • 仕事に疲れて玄関の扉を開けたら、愛犬が尻尾を振って待ってくれていたときのようなうれしさ

これらのフレーズは、語彙力に自信のない人にとっては、なかなか思いつかないものばかり。

文賢を使えば、あなたが入力した文章をもとに適切なフレーズを提案してもらえます。
また、シーンや目的にあったフレーズをカンタンに検索することも。

この記事では、文章のリライト過程を紹介しながら、「文章表現」機能をさらに使いこなす4つの機能もお伝えします。

文賢チーム森文賢チーム森

「文章表現」機能を存分に活用して、あなたの文章に磨きをかける方法を紹介しますね!

「文章表現」機能でキラリと光る文章にリライトする

ここからは、文賢の「文章表現」機能を使って、文章をリライトする流れを紹介します。
基本的な機能の使い方はヘルプセンターで紹介しているので、あわせてご覧ください。

今回は、以下の社員ブログの文章をリライトしてみます。

【Before】

明るくて優しい性格の佐藤さん。
彼女は細かいイラストをすばやく仕上げる優秀なデザイナーです。

朝から緊張した様子の佐藤さんに、一本のメールが。
それは、コンテストの通過連絡。

彼女は嬉しそうに報告をしてくれました。
私たちは喜び、彼女の成長ぶりに感動しました。

例文の中には、「明るい」「嬉しい」「喜ぶ」などの、状態・感情・行動を表わす表現がいくつかあります。
しかし、どれも一般的な形容詞や動詞ばかりなので、表現が単調で物足りない印象です。

表現をより具体的にするため、文賢に収録されているフレーズに置き換えてブラッシュアップした結果がこちらです。

【After】

はじけるような笑顔が魅力で、思いやりのある佐藤さん。
彼女は、緻密なイラストを電光石火の早業で仕上げる優秀なデザイナーです。

朝から足が地に着かない佐藤さんに、一本のメールが。
それは、コンテストの通過連絡。

彼女は晴れ晴れとした顔つきで報告してくれました。
私たちは思わず歓声を上げ、彼女の成長ぶりに目頭が熱くなりました。

一般的な形容詞や動詞を具体的な表現に置き換えたことで、その場の光景を映像として見ているかのように、鮮明にイメージできるのではないでしょうか。

文賢の「文章表現」機能を使えば、上記のようなリライトが、誰でもカンタンにできます。
リライトの流れを紹介しながら、「文章表現」機能の主な使い方を2通り紹介していきます。

  1. 文章内のキーワードをもとに、フレーズをレコメンドしてもらう
  2. シーンや目的にあったカテゴリとタグを選び、フレーズを検索する

それぞれの使い方を見ていきましょう。

1.文章内のキーワードをもとに、フレーズをレコメンドしてもらう

レコメンド(recommend)とは「オススメする」という意味です。
あなたが入力した文章の中から、言い換えできるキーワードを文賢が探して、さまざまなフレーズを提案します。

ここからは、文賢の画面を用いて操作の流れを解説していくので、文賢をお使いの方はお手元の文章でリライトを試してみてください。

まず、画面左側の機能一覧の中から「文章表現」を選択します。
テキストエリアに文章を入力すると、レコメンド機能によって、言い換えできるキーワードがオレンジ色にハイライトされます。

文章表現機能で文章を入力する

言い換えフレーズを探したいキーワード(テキストエリア内のオレンジのアイコン)をクリックします。
(ここでは「明るく」をクリックしています)

画面右側の検索ボックスにキーワードが自動セットされ、その下部に、キーワードに該当するフレーズの一覧が表示されます。
一覧をスクロールしてフレーズを確認しましょう。

キーワードをクリックしてフレーズを絞り込む

フレーズ一覧の中からお気に入りのフレーズが見つかったら、テキストエリア内の単語と置き換えていきましょう。

テキストエリア内の「フレーズを挿入したい箇所」にカーソルを置き、フレーズ一覧の中から目的のフレーズをクリックします。
(ここでは「はじけるような」をクリックしています)

お気に入りのフレーズをクリックして挿入する

クリックしたフレーズ「はじけるような」が、テキストエリア内のカーソルの位置に自動挿入されたことを確認します。

クリックしたフレーズが挿入される

元のキーワードとの置換機能はないので、フレーズの前後のつながりは自分で調整する必要があります。

ここでは、元のキーワード「明るく」を削除し、挿入したフレーズ「はじけるような」を「はじけるような笑顔が魅力で」と書き換えてみます。
(文脈にあわせてアレンジしてみてください)

オレンジ色の線がついた他のキーワードについても、同様の手順でフレーズを探していきましょう。

「文章表現」のレコメンド機能では、多くのキーワードをレコメンド対象とします。
そのため、長文を入力した場合は多くのハイライトがつきますが、すべてを書き換える必要はなく、元の文章にあるお気に入りの表現はそのまま残しておいて問題ありません。

読み手がイメージしやすくなる表現のヒント

レコメンドされたキーワードによっては、表現を具体的にするためのヒントが表れます。
「続きを読む」をクリックすると、全文を確認できます。

読み手がよりイメージしやすい表現

表示されたアドバイスをもとに、そのキーワードをよりイメージしやすくする表現を考えてみましょう。

たとえば、大きさや高さを表わす場合は、数字や倍率を使って表現すると効果的です。
感情を表す場合には、心身の動きを交えて表現するのもよいでしょう。

読み手がよりイメージしやすい表現

2.シーンや目的にあったカテゴリとタグを選び、フレーズを検索する

つづいて、「カテゴリ」と「タグ」を選択してフレーズを検索する方法を紹介します。
シーンや目的にあったフレーズを効率よく探したいときに便利です。

画面右側の上部に「カテゴリ」と「タグ」を選択できる2つのプルダウンがあります。
初期値は「すべて」と表示されています。

文章表現のカテゴリとタグ

「カテゴリ」は、以下の3種類あります。

  • 類語・言い換え
  • 慣用句・ことわざ
  • たとえ・あるある

「タグ」は、人の行動や感情、物事の状態を表すものが全92種類あります。

好き・興味がある/スゴイ・素晴らしい/うれしい・喜ぶ・満足・感動/美しい・キレイ/美味しい/優しい・温かい/気持ちいい・快感/愛する・恋する/ドキドキ・ワクワク/笑う・笑える・爆笑/楽しい・楽しむ/カンタン・楽勝/健康・元気/新しい/安心・ホッとする/丸くなる・落ち着く/始める・開く/挑戦する/上がる・成長/改善・直す/近い・似ている/変わる・進む/がんばる・あきらめない/覚悟/希望・望む/奇跡・偶然/違う・異なる/驚く・衝撃・慌てる/生々しい・リアル/ライバル・競う/譲る/鋭い・賢い/ずる賢い/鈍い・イマイチ・賢くない/難しい/頑固/不安・心配・悩み・緊張/苦労する/忙しい/逃げる・避ける・隠れる/偏り・歪み/嫉妬/疑う・怪しむ/嫌い・怒り・イライラ/あきれる・あきらめ/危うい・危険/悲劇・不幸・絶望・残念/不愉快/堕ちる・失敗する/終わり・止める/寂しい/はかない/書く/読む/雑談/はやい/遅い/高い/低い/明るい/暗い/多い/少ない/古い/厚い/薄い/濃い/淡い/粗い・荒い/細かい/遠い/近い/大きい/小さい/太い/細い/うるさい/静かな/強い/弱い/深い/浅い/重い/軽い/長い/短い/安い/ちょうど・ピッタリ/完璧な/繊細な・細やかな/穏やかな・平坦な/まずい・危うい

文章表現カテゴリとタグの一覧

シーンや目的にあった「カテゴリ」と「タグ」を選択すると、該当するフレーズのみに絞り込まれるので、効率よくフレーズを探せます。

ここでは、例文内の「緊張している様子」を「慣用句・ことわざ」で表現してみます。
以下のとおり、カテゴリとタグを選択してフレーズを検索。

  • カテゴリ「慣用句・ことわざ」
  • タグ「不安・心配・悩み・緊張」

カテゴリとタグで絞り込みをしたら、使用したいフレーズを選択します。
ここでは、ことわざ「足が地に着かない」を選んでみます。

フレーズの挿入方法は、レコメンド機能で紹介した手順と同様です。
画面右側のフレーズ一覧の中から使用したいフレーズをクリックして、テキストエリアに挿入します。

クリックしてフレーズを挿入する

フレーズを挿入したら、必要に応じて、前後のつながりが自然になるよう文を調整しましょう。

「文章表現」機能をさらに使いこなす4つの機能

ここまで、レコメンド機能やフレーズの検索など、基本的な操作方法でリライトしました。

ここからは、「文章表現」機能をさらに活用するための4つの機能を紹介していきます。

1.シャッフル機能で、さまざまなフレーズに出会う

「文章表現」機能では、文賢に収録されているフレーズのうち、ランダムに抽出されたフレーズのみが表示されます。

表示されている一覧にお気に入りのフレーズが見つからない場合は、検索ボックス横の「シャッフル」をクリックして、フレーズをランダムに並べ替えしてみましょう。

検索では目に留まらなかった、思わぬフレーズに出会えるかもしれません。

文章表現フレーズのシャッフル

2.フレーズをお気に入り登録する

「文章表現」機能には、お気に入りのフレーズを保存しておける「お気に入り」機能があります。

日々文賢を使っているなかでお気に入りのフレーズに出会ったら、次に文章を書くときにすぐ使えるよう、お気に入り登録しておきましょう。

フレーズの右側に表示されている星マークをクリックすると、お気に入り登録できます。

フレーズをお気に入り登録する

画面上部の星のアイコンをクリックすると、お気に入り登録したフレーズが絞り込み表示されるので、すぐに使用できます。

お気に入り登録したフレーズを絞り込む

3.フォーマルなフレーズのみに絞り込む

「文章表現」機能には、カジュアルなブログを書く人向けのフレーズも含まれています。
そのため、ビジネス文書などを書く人にとっては「フォーマルな文章には使えそうにない・・・」と感じるフレーズがあるかもしれません。

そのようなときは、ビジネス寄りのフレーズのみに絞るとよいでしょう。

カテゴリとタグの右横にある「ビジネス寄り」のアイコンをクリックすると、フォーマルなフレーズのみに絞り込み表示されるので、効率よくフレーズを探せます。

ビジネス寄りのフレーズに絞り込む

4.オリジナルのフレーズを登録する

文賢の「文章表現」機能では、デフォルトで収録されている約4,000のフレーズに加えて、オリジナルのフレーズを追加して使えます。

フレーズを追加する手順はヘルプセンターをご確認ください。

たとえば、「好き・興味がある」というタグに対して、「心が無限にときめく」というフレーズを追加すれば、文章内にある「好き」というキーワードに対して、「心が無限にときめく」がフレーズ一覧に表示されます。

前回の記事で、語彙力を鍛えるコツとして「日々の体験を言語化して言葉の引き出しに入れる」ことを紹介しました。
「言葉の引き出し」とは、日常の体験を言語化し、体験にまつわる言葉をストックしていく入れものです。

日々の体験を言語化するなかでキラリと光る表現を思いついたら、文賢に登録していき、文賢をあなたの「言葉の引き出し」として活用してみてください。

※「語彙力を鍛えれば文章はもっと伝わる!語彙を豊かにする3つのコツ」にて紹介した「語彙力を鍛えるプロセス」に、文賢を組み込んだイメージ

文賢を活用した語彙力を鍛えるプロセス

まとめ

「文章表現」機能に収録されているフレーズを活用して、例文内の表現を以下のように言い換えました。

  • 明るい → はじけるような笑顔
  • 優しい → 思いやりのある
  • 細かい → 緻密な
  • すばやい → 電光石火の早業で
  • 緊張する → 足が地に着かない
  • 嬉しい → 晴れ晴れとした顔つき
  • 喜ぶ → 思わず歓声を上げる
  • 感動する → 目頭が熱くなる

ここでもう一度、リライト前後の文章を見てみましょう。

【Before】

明るくて優しい性格の佐藤さん。
彼女は細かいイラストをすばやく仕上げる優秀なデザイナーです。

朝から緊張した様子の佐藤さんに、一本のメールが。
それは、コンテストの通過連絡。

彼女は嬉しそうに報告をしてくれました。
私たちは喜び、彼女の成長ぶりに感動しました。

【After】

はじけるような笑顔が魅力で、思いやりのある佐藤さん。
彼女は、緻密なイラストを電光石火の早業で仕上げる優秀なデザイナーです。

朝から足が地に着かない佐藤さんに、一本のメールが。
それは、コンテストの通過連絡。

彼女は晴れ晴れとした顔つきで報告してくれました。
私たちは思わず歓声を上げ、彼女の成長ぶりに目頭が熱くなりました。

人物の性格や特徴、感情や行動の様子が、より鮮明にイメージできる表現になったのではないでしょうか。

冒頭でも紹介したとおり、文章作成アドバイスツール「文賢」は、文章を書く過程も支援するツールです。

自分ひとりではうまい表現が思いつかなくても、「明るい」「嬉しい」「喜ぶ」などの一般的な形容詞や動詞さえ思いつけば、文賢が、さまざまな言い換え表現を提案します。

文章を書くことは、ときに孤独なもの。
他者のサポートがなくてもひとりでスラスラと文章を書ける人は少ないです。

文賢チームは、「文章を書くことが楽しくなるように」という想いで「文章表現」機能を開発しました。
書いた文章を「校閲」「推敲」する機能に加えて、文章を書く過程も支援する「文章表現」機能も活用していただき、あなたの文章力がアップすれば幸いです。

文賢チーム森文賢チーム森

自分ひとりではなかなか思いつかないフレーズばかりで、フレーズの一覧を見ているだけでも新しい発見があってワクワクしますよ!
ぜひ、文賢の「文章表現」機能を活用してくださいね。

文賢マガジンでは、これからも文章作成に関するコンテンツを発信していきます。
次回以降の記事もお楽しみに。

「文賢」を使えば、たった一日であなたの文章が大変身!

語彙力に自信がない人でも、カンタンな操作で文章を磨けます。
文賢が、4,000を超えるフレーズの中から、シーンや感情にあった豊富なフレーズを提案。
「校閲」や「推敲」を支援する機能もあり、多くの企業さまに導入していただいています。

「文賢」バナー

「文賢」バナー

無料のオンライン説明会を毎週開催しています

Zoomで気軽に参加できるオンライン説明会はこちらからご予約いただけます。
参加後、アンケートに回答いただいた方には、7日間の無料トライアルアカウントをプレゼント。
「話を聞いてみたい」「文賢を試しに使ってみたい」という方は、ぜひオンライン説明会にご参加くださいね。

「文賢」バナー

タグ

関連記事

敬語表現「させていただく」の適切な使い方は?正しい使用例と場面を解説

表記揺れとは?15パターンのよくある表記揺れと、そのチェック方法

丁寧にお願いするための敬語表現とメールの書き方4つのポイント

文章が読みやすくなる適切な助詞の使い方〜同じ助詞を連続で使わないための3つの方法

※募集終了※【ライターさん募集】文賢マガジンの記事を一緒に作っていきませんか?

接続助詞「が」は逆接のみで使う~読みやすい文章を書くためのコツ

「さ入れ言葉」の例と防ぐ方法 ~「せる」と「させる」を賢く使い分ける

文賢の「ヘルプ」をリニューアルしました!新コンセプトは“バス&タクシー”

語彙力を鍛えれば文章はもっと伝わる!語彙を豊かにする3つのコツ

文章を読みやすくする!読点の使い方9つのルール

視点が変わる、言葉が変わる
そして、世界が変わる

文賢は、新しい「文章作成アドバイスツール」です。
あなたも「言葉」の可能性を体験してみませんか?

Page Top