Menu

たくさんの人の言葉を紡ぐメディア 文賢マガジン

視点の数だけ、言葉がある。

文賢マガジンは、文章作成アドバイスツール
「文賢」のオフィシャルブログです。
文章の書き方やイベント情報のほか、
人に寄り添う言葉の大切さを伝えるコンテンツも配信します。

新着記事

文章が読みやすくなる適切な助詞の使い方〜同じ助詞を連続で使わないための3つの方法

同じ助詞を連続で使わないように意識すると、読みやすくわかりやすい文章になります。この記事では、同じ助詞が連続したときの3つの対処法「語順を入れ替える」「助詞の組み合わせを変える」「助詞を減らす」について、例文を用いて紹介します。

※募集終了※【ライターさん募集】文賢マガジンの記事を一緒に作っていきませんか?

『文賢マガジン』編集部では、「文章力の向上」や「日本語の正しい使い方」に関する記事を制作してくれるライターさんを募集しています。募集期間は8月9日(火)~8月31日(水)です。言葉と丁寧に向き合うライターさんからのご応募、お待ちしております。

接続助詞「が」は逆接のみで使う~読みやすい文章を書くためのコツ

接続助詞「が」は、逆接に限定して使うことで読みやすい文章になります。逆接以外の用途で「が」を使うと、読み手の混乱を招く原因になることも。この記事では「が」の使い方が適切かどうかを簡単に見分ける方法と、「が」の使用を避けたい2つのパターンを紹介しています。

「さ入れ言葉」の例と防ぐ方法 ~「せる」と「させる」を賢く使い分ける

「さ入れ言葉」とは、本来不要な「さ」が入ってしまう、文法的に正しくない言葉です。使役表現において、本来は助動詞「せる」を使うべきところで「させる」を使ってしまうことで発生します。この記事では「さ入れ言葉」を簡単に見分けて防ぐ方法を紹介します。

文賢の「ヘルプ」をリニューアルしました!新コンセプトは“バス&タクシー”

文章作成アドバイスツール「文賢」のヘルプをリニューアルしました。 新コンセプトはバス&タクシー。 構想に3年、企画・制作に6か月をかけたリニューアルプロジェクトの裏側を紹介します。

語彙力がない人でも表現が豊かになる!文賢の「文章表現」機能は語彙の宝庫

文賢の「文章表現」機能は、4,000を超える豊富なフレーズが収録されている語彙の宝庫。入力された文章をもとに、シーンや感情にあったさまざまなフレーズを提案します。語彙力に自信がなくても、カンタン操作でキラリと光る文章に磨けます。

語彙力を鍛えれば文章はもっと伝わる!語彙を豊かにする3つのコツ

語彙力に自信がなく、文章の表現方法に悩んだことはありませんか。 読み手に伝わる文章を書くためには、感情や状況にあった適切な言葉選びが重要です。 この記事では、今日からすぐに取り組める、語彙力を鍛える3つのコツを紹介しています。

文章を読みやすくする!読点の使い方9つのルール

文章を書いているとき、読点の使い方で迷うことはありませんか?この記事では、文章が読みやすくなる読点の使い方9つのルールを、具体的な例文を用いて紹介しています。読点の位置を意識することで文章が読みやすくなり、解釈の誤りを防ぐこともできます。

文章力アップ!わかりやすい文章の書き方10のポイント

文章作成のノウハウを日々研究し続けている私たちが作成した「わかりやすい文章の書き方」を紹介します。伝わる文章を書くためのノウハウを10のポイントにぎゅっと圧縮しました。

無料・有料の校正ツール15選を徹底比較!各ツールの特長や活用のコツを解説

『文賢』を含む15種の校正ツール(無料・有料)の機能や使い勝手を徹底検証しました。ツールによって強みが異なるので、自社に合った校正ツール選びにお役立てください。校正ツールの導入のポイントも解説します。

Page Top